最短でクレジットカード現金化の入金を確認する方法

クレジットカード現金化のメリットといえばやっぱり即日に入金されるという点で、入金時間が短いところが人気でもあります。
しかし本当にすべての条件で即日に入金がされるのかは気になると思いませんか?
短時間とはいえ本当にどれくらいの時間がかかるのか知りたいですよね?
では、クレジットカード現金化の申し込みから入金までどれくらいの時間がかかるのか調べてみましょう。
【クレジットカード現金化のサービスの流れ】
現金化が必要となればまずはホームページで現金化が出来る業者を探す事になると思います。
様々あるホームページから1つを選ばなければいけないのですが、ここで時間がかかってしまう人が多いようです。
色々なホームページを見ていると一体どの業者を選べばいいのか分からなくなってしまうケースが多いのです。
まずは還元率をしっかりとチェックしておきましょう。
これは業者によって違いがあったりするので、出来るだけお得なショッピング枠現金化が出来るように工夫して探すのがよいでしょう。
申し込みは審査などはないので、有効期限の切れていないクレジットカードがあれば出来ます。
スムーズに行けばそのまま買い物をして入金を待つという事になります。
【最短で済ませられる方法はあるの?】
もし申し込みが午後の場合は、即日とはいえ、指定した口座への入金の確認が翌日になってしまう事もあります。
また週末や祝日を挟んでしまうと確認がどんどん遅れてしまって即日ではなくなってしまう事もあるのです。
なので、最短で入金を確認したい!という場合はやっぱり午前中の取り引きが重要になってくるでしょう。
業者によっては午後からでも入金が確認出来る楽天やジャパンネットなどのネット銀行への入金の場合は即日となる事もあります。
最短で済ませられる場合は、申し込みで5分、入金の確認がそこから30分から1時間後になるようです。
【即日入金サービスがやっぱり人気】
クレジットカード現金化のメリットはやっぱり即日に入金されることですよね。
だからこそ、あらかじめ気になる業者のホームページは事前にチェックしておき、必要になった時は迷う事なくすぐに申し込みをすれば入金時間も短縮されるという事でしょう。

クレジットカード現金化の裏ワザ

クレジットカード現金化を利用する状況とは、お金に困っている状況です。
そのため、家族や友達にクレジットカード現金化をする事を知られたくないと思っている人が多いでしょう。
なので、なかなか人とクレジットカード現金化の話をする機会がなく知らない人が多いのですが、利用方法には裏ワザが存在します。
クレジットカード現金化の裏ワザ・電子マネー
例えば最近、スマホや携帯電話を利用して電子マネーで支払いをするという人も増えましたよね。
実はこの電子マネーも現金化する事が可能です。
電子マネーのチャージをする方法は、現金払いだけでなく、クレジット払いが可能です。
クレジットカードで支払い、電子マネーで還元率の高い商品を購入し、転売すれば現金を手に入れる事が可能です。
さら還元率を上げる裏ワザは、返品する事です。
返品は、なるべく商品を購入した当日に、レシートを持参で行いましょう。
そうすれば、電子マネーで購入していても、現金で返金されるので、還元率が100%となる訳です。
クレジットカード現金化の裏ワザ・一時増枠
クレジットカード現金化には上限額が設けられています。
それはショッピング枠の上限額以上の金額を現金化する事が出来ないという事です。
ショッピング枠の上限額が10万円という人であれば、現金化は還元率や手数料を考慮すると7〜8万円程度の金額になってしまいます。でも、上限額が10万円では足りないという人もいるでしょう。
そんな人にお勧めしたい裏ワザが、クレジットカードの一時増枠です。
クレジットカード会社では、期間限定でショッピング枠を大幅に引き上げてくれるサービスを実施しています。
通常は、冠婚葬祭や海外旅行など、お金を使う月には、上限額を一時増枠を行ってくれるので、先にクレジットカード会社に連絡をし、一時増枠をしてもらってから、クレジットカード現金化を行えば、現金化できる金額も多くなると言う訳です。
ただし、注意点としては、一時増枠のサービスを行うには、再審査が必要となります。
そのため、時間と手間がかかるうえ、審査に通らなければ一時増枠は行ってもらえません。